人事労務相談顧問

 

人に関する課題・問題は、従業員を雇用している限りなくならないものです。また、人事労務に関する法改正は頻繁に行なわれ、その対応が企業には求められます。これらに適切な対応をするためには、人事労務に広く精通した知識を持った専門家へ相談することをお勧めします。

 

【人事労務相談の例】

  1. 従業員を新たに雇用する場合の注意点は?
  2. 従業員から育児休業・介護休業を取りたいという希望が出てきたけれども
  3. 初めて定年になる従業員が発生するのだけれども
  4. 職場で問題行動を頻繁に起こす従業員の対応は
人事労務全般相談顧問として、当事務所では次のコースがございます。
総合顧問(労働保険、社会保険各種手続から人事労務に関する相談・助言・指導など)
相談顧問(労働保険と社会保険手続を行いません)
労働保険・社会保険(手続き代行+相談)プランもあります。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

少子高齢化に伴い、労働力人口が減少していくと、労働者は女性や高齢者の方々も含めた全員参加型になると思います。また、従来の、職務・勤務地・労働時間に限定しない正社員から、職務限定・勤務地限定・労働時間限定の正社員の導入・増員する傾向になると考えられます。
さらに、これまでは重病になられたら会社を退職される方々も多かったですが、医療の進歩により職場復帰される方々も増えています。
こうした様々なケースに制度面や助成金の情報をご提供して、貴社のこれからもずっと成長していくお手伝いをいたします。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

定年後も働かれる方々も、今後より一層増加すると予想されます。
企業としても、モチベーションを下げずにいかに働いてもらうか、給与や待遇をどうするか等を考えなくてはなりません。
また、従業員の方々も定年後はフルタイムかパートか、老齢年金はいつからいくら貰えるか、健康保険や介護保険等の制度、地域社会とのつながり、ほか様々な疑問をお持ちだと思います。
社会保険労務士林事務所は、事業主様にはこうした疑問に一つずつお応えします。また従業員様にはセミナー形式または対面式でご説明いたします。













社会保険労務士林事務所


〒260-0045

千葉市中央区弁天1-15-3  B1F-17号

連絡先

srhayashi99@cr.em-net.ne.jp